« 急性前立腺炎の症状 | メイン | 急性前立腺炎の治療 »

2005年09月18日

急性前立腺炎の診断

細菌に感染すると、身体の防衛反応が働き白血球が増殖されるので、血液検査や尿検査を行い白血球数を確認します。
また、尿の状態も診断において大事な要因になり、感染している場合は膿みの混じった白濁とした尿になります。直診も行われ、前立腺の腫れ・動き・圧痛の有無などを調べます。

投稿者 ootani : 2005年09月18日 23:07

コメント

コメントしてください




保存しますか?