« 根元切開式(バック・カット) | メイン | 亀頭直下式 »

2005年09月13日

クランプ式

器具を包皮と亀頭の間にはめて皮を引っ張り、ベースプレートと呼ばれる台座でのばした皮を固定し、余った皮を機械的に切除する方法です。術中の出血も少なく比較的簡単に行うことができるといわれていますが、器具のサイズが限定されているため適合しない方もいるかもしれません。なお、包皮の口が狭い、真性・カントン包茎の方は、そのままの状態では向かない方法と思われます。

投稿者 ootani : 2005年09月13日 00:58

コメント

コメントしてください




保存しますか?