2005年09月30日

レビトラ

勃起障害に使用される治療薬。

レビトラとは、勃起障害に使用される薬品で、主に、バイアグラでは効果が得られなかった場合に使用されます。副作用も少なく安全性は非常に高い薬品ですが、ほかの薬との併用は命に関わることになり大変危険です。

投稿者 ootani : 08:19 | コメント (0)

淋菌

性感染症の原因菌。

淋菌とは、淋病を引き起こす病原菌です。感染ルートは性行為によるものが大半を占め、感染すると排尿時に痛み、尿道から膿みがでます。進行すると前立腺炎なども引き起こします。

投稿者 ootani : 08:18 | コメント (0)

リンパ節

体内の器官。リンパ液に細菌が入り込むのを防ぐ。

リンパ節とは、体内に張り巡らされているリンパ管が、節のように集まっている部分で、リンパ管に入り込んだ細菌などを排除するフィルターの役割があります。

投稿者 ootani : 08:15 | コメント (0)

卵子

女性の生殖細胞。

卵子とは、女性の精巣で造られる生殖細胞です。大きさは約0.1oと細胞の中ではもっとも大きく、肉眼で確認することも可能です。女性が生涯を通して排卵する卵子の数はわずか400個程です。

投稿者 ootani : 07:28 | コメント (0)

予後

治療後の病状経過。

予後とは、治療を終えた後に病気がどのように経過をするのかを指す言葉です。一般的に、ガンは再発の危険性があるために「5年生存率」という言い方をすることもあります。

投稿者 ootani : 07:27 | コメント (0)

無力精子症

男性不妊症の症状。

無力精子症とは、正常な精子に比べ運動率が鈍い状態をいいます。副性器に炎症が起きていると、このような症状が起こります。抗生物質などで炎症を抑え、症状の改善をはかります。

投稿者 ootani : 07:24 | コメント (0)

無精子症

男性不妊症の症状。

無精子症とは、何らかの原因で精液中に精子の存在が確認できない症状をいいます。原因として、精子を造る機能に問題がある場合と精子の通り道に問題がある場合が考えられます。

投稿者 ootani : 07:22 | コメント (0)

マスターベーション

手淫・オナニー・ひとりHのこと。

マスターベーションとは、一人で性的興奮を得ることをいいます。正常な性的行為の一つで、男性の97%以上・女性の80%以上が経験したことがあるといわれています。

投稿者 ootani : 06:04 | コメント (0)

マイコプラズマ

細菌の名称。

マイコプラズマとは、ウィルス並みに小さな病原細菌で、細胞壁がないのが特徴です。感染すると、一般的には肺炎を引き起こしますが、性感染から尿道炎を起こすものも存在します。

投稿者 ootani : 06:03 | コメント (0)

勃起障害

性機能障害。ED。

勃起障害とは、心理的・身体的理由などから勃起しない・勃起持続力がない状態を指します。ストレス・神経や血管の障害などが主な原因です。近年、バイアグラの登場で治療効果があがっています。

投稿者 ootani : 05:42 | コメント (0)

勃起改善薬

バイアグラ、レビトラなどの総称。

バイアグラの登場により、勃起障害の治療効果は劇的に向上しました。現在では、バイアグラ以上の効果を誇るものも発売されています。ただし、それ故にニセモノも多く出回ってますので注意が必要です。

投稿者 ootani : 05:41 | コメント (0)

勃起

男性の生理現象。

勃起とは、中枢神経の刺激によって起きる性器の膨張をいいます。何らかの刺激を受けることにより、大量の血液が陰茎に流れ込みます。その血液を海綿体が吸収し膨張することで陰茎が勃起します。

投稿者 ootani : 05:33 | コメント (0)

ホルモン

血液に放出される生理活性物質。内分泌。

ホルモンとは、血液に放出される生理活性物質で内分泌のことを指します。ホルモンは体の中の神経系・免疫系に影響を与えてコントロールする大切な役割があります。

投稿者 ootani : 05:32 | コメント (0)

包皮

陰茎の皮。

包皮とは、陰茎を覆っている皮のことをいいます。包茎の場合は、包皮の先が狭いために亀頭を露出することができないので、手術で包皮口を広げ、余った皮を切り取ります。

投稿者 ootani : 05:31 | コメント (0)

乏精子症

男性不妊症の症状。

乏精子症とは、精液中の精子数が一定の基準を下回っている状態で、一般的にみられる不妊症の症状です。精索静脈瘤が原因の場合は、手術を行うことで精液の改善が見込めます。

投稿者 ootani : 04:57 | コメント (0)

放射線治療

がんの治療方法。

放射線治療とは、放射腺をガン細胞に照射して悪性組織を死滅させる治療です。方法には二通りあり、「外部照射」は体外から、「内部照射」は体内から放射線を腫瘍にあてます。

投稿者 ootani : 04:57 | コメント (0)

包茎矯正器具

包茎治療のための器具

包茎矯正器具とは、仮性包茎用に使用される治療器具です。露出させた亀頭に包皮が戻らないよう止めておくリング状のものが一般的です。症状が軽い場合には効果が期待できます。

投稿者 ootani : 04:29 | コメント (0)

包茎

包皮で亀頭が被われている状態。

包茎の症状には、真性包茎・カントン包茎・仮性包茎の3種類あります。この中でも真性包茎・カントン包茎は治療の必要があり、そのままの状態では、ペニスの成長が著しく不良になります。

投稿者 ootani : 04:28 | コメント (0)

ペニス

男性生殖器の部位。陰茎、おちんちん。

ペニスは陰茎根・陰茎体・亀頭と3つの構成からできています。陰茎体は、海綿体と呼ばれる組織でつくられており、性的刺激により血液が流れ込むことで海綿体が膨張し勃起状態になります。

投稿者 ootani : 04:27 | コメント (0)

ペイロニー病

陰茎が変形する病気。

ペイロニー病とは、陰茎の組織が硬くなり、勃起をした時にペニスが湾曲してしまう疾患で、形成性陰茎硬化症とも呼ばれます。変形の程度が重い場合は、性交が困難または不能になります。

投稿者 ootani : 04:25 | コメント (0)

閉塞性無精子症

男性不妊症の症状。

閉塞性無精子症とは、精巣で精子が造られてはいるものの精路に問題があり、無精子の精液になってしまう症状をいいます。この場合は、精路再建術と呼ばれる手術を行うことで、症状が改善される可能性があります。

投稿者 ootani : 04:24 | コメント (0)

閉塞

管状の器官が塞がった状態。

閉塞とは尿道・精管など管状の器官が、何らかの原因により塞がってしまい、分泌液などが通れなくなってしまう状態をいいます。精管が閉塞した場合には、精子が通れなくなり不妊症の原因になります。

投稿者 ootani : 04:23 | コメント (0)

副性器機能障害

男性不妊症の原因。

副性器機能障害とは、副性器と呼ばれる前立腺・精巣上体などに炎症が起きて、精子の運動能力が低下することをいいます。抗菌剤などで炎症が治まれば、不妊症状も改善される場合があります。

投稿者 ootani : 03:02 | コメント (0)

副性器

男性生殖器の器官。

精巣上体・精管・精嚢・前立腺をまとめて副性器と呼びます。これらは精子を造る大切な器官で、もし副性器に炎症が起きた場合には精子の運動能力の低下を招いてしまいます。

投稿者 ootani : 03:01 | コメント (0)

副睾丸炎

病気の名称。精巣上体炎。

副睾丸炎とは、細菌により副睾丸に炎症が起きる病気です。膀胱炎・尿道炎・前立腺炎と併発することが多くあります。性感染が主な感染原因とされますが、他の感染症から引き起こされる場合もあります。

投稿者 ootani : 03:00 | コメント (0)

頻尿

頻繁に尿意を催すこと。排尿障害。

前立腺肥大症の初期症状に現れるのが頻尿です。特に夜間、床についてから何度も起きてトイレに立つようになります。睡眠している間に3回以上トイレへ行くようですと注意が必要です。

投稿者 ootani : 02:58 | コメント (0)

病理検査

組織の検査。

病理検査は、「病理解剖」・「外科病理」・「細胞診」とわけられます。ガンなどの診断で行われるものは「外科病理」、「細胞診」にあたり、採取・切除した組織を顕微鏡を使い詳しく検査します。

投稿者 ootani : 02:57 | コメント (0)

病期分類

ガンの進行を表す。

ガンの病期(進行度)を表す方法には、「ABCD分類」、「TNM分類」などがあります。悪性腫瘍の広がりを把握することで、それぞれに対応した治療を行うことができます。

投稿者 ootani : 02:56 | コメント (0)

非閉塞性無精子症

男性不妊症の症状。

非閉塞性無精子症とは、精巣で精子が造られないために、精液中に精子が存在しないことをいいます。造精機能に異常があるため、不妊症治療においてもっとも困難な症状といえます。

投稿者 ootani : 02:55 | コメント (0)

PSA

前立腺特異抗原。

PSAとは、前立腺特異抗原と呼ばれる特異なタンパク質で、前立腺がガンに冒されると、正常時よりも多く血液中に放出されます。ただし、前立腺炎・前立腺肥大症などでも数値が高くなるケースもあります。

投稿者 ootani : 02:54 | コメント (0)

白血球

血液中の免疫細胞。

白血球とは、体外から入り込むウィルスや体内のコレステロールなどから身体を守る免疫細胞のことです。単球・顆粒球・リンパ球と分けることができ、それぞれ免疫機能に役割があります。

投稿者 ootani : 02:53 | コメント (0)

バックカット式

包茎手術の際に行われる術式。根元切開式。

陰茎の根元部で余分な皮を切除をし亀頭を露出させる包茎手術の方法です。手術跡がわかりにくい場所で、亀頭付近も普通に剥いだような自然な状態になるといわれています。

投稿者 ootani : 00:21 | コメント (0)

パイプカット

両側精管結紮術。

パイプカットとは、男性の避妊手術のことで、精管を切断して精子を通れなくしてしまう方法です。術後3〜5回射精を行うと精液は普通に放出できますが、そのなかには全く精子が含まれなくなります。

投稿者 ootani : 00:20 | コメント (0)

排尿障害

排尿に関する疾患の総称。

排尿障害は、トイレの回数が増える「頻尿」、尿が出にくい・尿が出ないなどの「排尿困難」、排尿後にまだ残っている感じがする「残尿感」の症状をいいます。

投稿者 ootani : 00:19 | コメント (0)

バイアグラ

勃起障害の治療薬。

バイアグラは世界中で最も使われている勃起障害の治療薬で、EDに悩む約70%の人に効果があるといわれます。副作用も少なく安全性は非常に高い薬品ですが、ほかの薬との併用は命に関わることになり大変危険です。

投稿者 ootani : 00:17 | コメント (0)

膿精液症

男性不妊症の症状。

膿精液症とは、精液中の白血球数が増え、精子の運動性が低下した症状をいいます。原因は前立腺・精嚢の炎症のためで、精液の色も黄色っぽくなります。抗生物質の投与で治療します。

投稿者 ootani : 00:16 | コメント (0)

2005年09月29日

根元切開式

包茎手術の際に行われる術式。バックカット。

陰茎の根元部で余分な皮を切除して亀頭を露出させる包茎手術の方法です。手術跡がわかりにくい場所で、亀頭付近も普通に剥いだような自然な状態になるといわれています。

投稿者 ootani : 23:00 | コメント (0)

尿閉

尿が排出できないこと。

尿閉とは、尿意は感じるのに何らかの原因で尿が対外へ排出できないことをいいます。前立腺肥大症・前立腺ガンなどで尿道が圧迫されている場合にみられる症状で、膀胱内に尿がない無尿とは異なります。

投稿者 ootani : 22:59 | コメント (0)

尿毒症

病気の名称。尿が体内に蓄積されて起こる疾患。

尿毒症とは、尿として排出されるべき毒素が、腎機能の低下により体内に溜まってしまう病気です。排尿障害が起きる前立腺肥大症が進行した場合、かかってしまうこともあるので注意が必要です。

投稿者 ootani : 22:58 | コメント (0)

尿道

生殖器の器官。

男性の尿道は、尿と精液の双方を放出する管状の器官で、膀胱・前立腺・陰茎を通っています。射精か排尿のどちらかが行われている時には、筋肉が収縮して一方の流れを止めます。

投稿者 ootani : 22:57 | コメント (0)

内分泌治療

ホルモン治療。

内分泌治療とは、疾患の要因となるホルモンをコントロールして、病気の症状を改善させる治療方法です。前立腺ガンの場合は、男性ホルモンを抑えガンの増殖を防ぎますが、更年期障害などではホルモンの注入を行います。

投稿者 ootani : 22:10 | コメント (0)

内分泌機能障害

ホルモン分泌に障害が起きる疾患。

内分泌のバランスが崩れるために起こる様々な症状を、内分泌機能障害と呼びます。甲状腺の疾患がもっとも多く、その他に副腎・性腺・下垂体の異常もみられます。勃起障害・男性不妊症の原因になります。

投稿者 ootani : 22:09 | コメント (0)

内分泌

ホルモン分泌。

内分泌とは、血液に放出される生理活性物質でホルモン分泌のことを指します。内分泌は体の中の神経系・免疫系に影響を与えてコントロールする大切な役割があります。

投稿者 ootani : 22:08 | コメント (0)

内視鏡

医療機器の名称。

内視鏡とは、グラスファイバー製の細い管にカメラがついている医療機器で、体内を観察するために使用されます。最近では、レーザーメス・超音波発信器なども取り付けることができるようになり用途が広がっています。

投稿者 ootani : 20:38 | コメント (0)

トリコモナス

性感染症。

トリコモナスとは、トリコモナス原虫と呼ばれる寄生虫が原因で起こる病気です。感染ルートは性行為によるものが大半を占めます。女性に多く、男性は感染していても自覚症状はほとんど現れません。

投稿者 ootani : 20:37 | コメント (0)

ドクターショッピング

同じ病気で何人もの医者を替えること。

前立腺痛・男性更年期障害など、体調が悪いのに原因が良くわからない時などは不安になり、何軒も病院をまわって診察を仰ぐ場合があるかもしれません。普段から掛かり付けの病院を見つけておく方が良いでしょう。

投稿者 ootani : 20:36 | コメント (0)

糖尿病

生活習慣病。

糖尿病とは、血糖をエネルギーに変えるインシュリンが不足するため高血糖状態になる病気です。暴飲暴食・ストレス・運動不足などの生活習慣から誘因されることが多いため「生活習慣病」と呼ばれています。

投稿者 ootani : 20:35 | コメント (0)

転移

ガン細胞が別の箇所で増殖すること。

ガン細胞はリンパ管・血管・腹膜などを通って次々に病巣を広げていきます。ガンの転移が行われると治療が難しくなり、根治率も低下してしまうため、転移を予防するためにリンパ節を除去する場合もあります。

投稿者 ootani : 20:34 | コメント (0)

テストステロン

男性ホルモンの一種。

テストステロンとは、性欲・認知機能などに強い影響を与えている男性ホルモンです。男乳児の発達・二次成長にも大きく関係します。壮年期に入るとホルモン分泌量が段々と低下していきます.

投稿者 ootani : 20:33 | コメント (0)

停留精巣

病気の名称。子供に多い疾患。

停留精巣とは、何らかの原因で睾丸が陰嚢まで降りてこない症状をいいます。乳幼児に多くみられ、精巣腫瘍を誘発する原因とされます。遅くとも2歳までに治療を受けないと、その後の精子形成に問題が発生します。

投稿者 ootani : 11:26 | コメント (0)

TNM分類

ガンの病期を分類する方法。

悪性腫瘍の組織検査などから、ガンの進行度を分類するための方法です。「T1・早期ガン」、「T4・進行したガン」、「N・リンパ節への転移」、「M・多臓器への転移」などと分けられ、診断後の治療方針に大きく関わってきます。

投稿者 ootani : 11:25 | コメント (0)

遅漏

なかなか射精できない状態。性機能障害。

遅漏とは、刺激に鈍感で、勃起が続いているのに射精に至らない状態です。早漏とは異なり、あまりみられない症状ですが、一般的に加齢と共に射精までの時間は長くなるといわれています。

投稿者 ootani : 11:23 | コメント (0)

超音波検査

超音波を用いた画像診断。エコー検査。

超音波検査とは、超音波の反射で組織を映像化する装置で行う検査です。この検査をすることで臓器の大きさや腫瘍の有無などがわかるため、ガンの診断にも広く使われています。

投稿者 ootani : 11:20 | コメント (0)

膣内射精不能

性機能障害。

女性との性交時に射精できない症状を膣内射精不能といいます。マスターベーションでは普通に射精できることが多く、その原因は刺激の強すぎる自慰行為のためだと考えられています。

投稿者 ootani : 11:19 | コメント (0)

恥垢

包皮内に溜まる白いカス。

恥垢とは、汗や分泌物などが白いカスになって溜まったものです。悪臭・炎症などの原因になります。包茎の場合は、亀頭を露出することができないため溜まりやすいので特に注意が必要です。

投稿者 ootani : 11:17 | コメント (0)

男性ホルモン補充療法

男性更年期障害の治療方法。

男性ホルモン補充療法とは、テストステロン値が低い場合に男性ホルモンを投与し、更年期障害の症状を緩和させる治療です。2〜4週間に1回程の間隔で筋肉注射によりホルモンを注入します。

投稿者 ootani : 11:15 | コメント (0)

男性ホルモン

精巣から放出される分泌液。

男性ホルモンは副腎・精巣でつくられる分泌液で、性欲を亢進する働きなどがあります。そのなかでも、テストステロンという男性ホルモンは性欲と精神面に強く影響を及ぼします。

投稿者 ootani : 11:14 | コメント (0)

男性不妊症

病気の名称。男性の不妊症。

男性側に何らかの問題があり、妊娠させることのできない状態を指します。その原因は主に、精子を造る機能の障害とED・勃起障害に大別することができます。環境ホルモンの影響などで、徐々に増えていく傾向があります。

投稿者 ootani : 08:27 | コメント (0)

男性更年期障害

加齢による鬱などの症状。

男性更年期障害とは、加齢による男性ホルモンの低下とストレスが原因で起きるといわれています。精神的・肉体的にさまざまな疾患を引き起こしますが、主なものに鬱状態・勃起障害があります。

投稿者 ootani : 08:26 | コメント (0)

大腸菌

細菌の名称。

大腸菌とは、人や動物の大腸の中に常在している細菌です。食中毒などを起こすものは病原性大腸菌と呼ばれるものです。前立腺炎・精巣上体炎など、さまざまな感染症の原因になります。

投稿者 ootani : 08:25 | コメント (0)

体外受精

不妊治療で行われる方法。

体内での受精が困難と思われる場合に行われる不妊治療(IVF-ET・体外受精-胚移植、GIFT・配偶子卵管内移植、顕微受精・ICSIなど)の総称。最も一般的に行われている「IVF-ET・体外受精-胚移植」は、採卵した卵子を培養液の中で受精させ子宮内へ戻します。

投稿者 ootani : 08:24 | コメント (0)

鼠径へルニア

疾患の名称。脱腸。

鼠径へルニアとは、股の付け根(鼠径部)から筋肉の間を通って小腸が出てくる疾患をいいます。そのまま放置しておくと、腸が壊死してしまう場合があるので手術の必要があります。

投稿者 ootani : 08:23 | コメント (0)

造精機能障害

男性不妊症の症状。

造精機能障害とは、精子を造る機能に問題があることを指します。男性不妊の約90%がこれにあたり、古くから不妊原因として良く知られ、精液を検査すると、精子の濃度・運動率・奇形率が基準を下回っています。

投稿者 ootani : 08:22 | コメント (0)

早漏

射精までの時間が速いこと。性機能障害。

早漏とは、ペニスが刺激に敏感で、すぐ射精してしまう状態をいいます。膣内挿入後2分以内・ピストン運動が数回以内だと早漏といわれています。特に包茎の場合は、亀頭が包皮で覆われているために刺激に弱くなっています。

投稿者 ootani : 08:21 | コメント (0)

前立腺マッサージ

前立腺炎などの診察で行う医療行為。

前立腺マッサージとは、前立腺液を採取するために、肛門から指を入れて直腸壁から前立腺に刺激を与える医療行為のことです。その他にも前立腺炎の治療として行われることがあります。

投稿者 ootani : 08:20 | コメント (0)

前立腺肥大症

病気の名称。

前立腺肥大症とは、加齢と共に肥大した前立腺が尿道を圧迫することで起きる排尿障害のことをいいます。前立腺の肥大自体は良性の腫瘍で、これが進行しても前立腺ガンになるわけではありません。

投稿者 ootani : 06:37 | コメント (0)

前立腺肥大

加齢による症状。

前立腺は加齢と共に肥大していきますが、それ自体は病気ではありません。肥大した前立腺が尿道を圧迫し、排尿障害を引き起こした時に前立腺肥大症という疾患になります。

投稿者 ootani : 06:36 | コメント (0)

前立腺炎

病気の名称。前立腺の炎症。

前立腺炎とは、細菌感染などの原因により前立腺が炎症を起こす病気です。急性・慢性の症状があり、慢性前立腺炎の場合は、細菌性・非細菌性・前立腺痛と分けられます。

投稿者 ootani : 06:34 | コメント (0)

前立腺

男性生殖器の器官。

前立腺は膀胱の真下にあるクルミ程の大きさの器官ですが、生殖腺の中ではもっとも大きいものです。精液全体の約60%に相当するアルカリ性の液を分泌しています。

投稿者 ootani : 06:33 | コメント (0)

セロトニン

脳の神経伝達物質。

セロトニンとは脳の神経伝達物質で、ドーパミン(興奮)・ノルアドレナリン(不快)を制御する働きがあります。そのため、セロトニンが減少すると鬱状態・不安感を引き起こすと考えられています。

投稿者 ootani : 06:32 | コメント (0)

セルニルトン

消炎剤の名称。

セルニルトンとは、前立腺炎の治療に使われる薬で、植物の花粉から作られています。自然のものが原料のため副作用が少なく、長期的な使用も可能です。炎症による痛みなどをやわらげる効果があります。

投稿者 ootani : 06:31 | コメント (0)

セックス

性行為のこと。

セックスとは、成人男女において正常な行為であり、特に定義付けをする必要もありません。ただし、感染症の原因になりますので、不特定多数との性交渉は気をつけるべきでしょう。

投稿者 ootani : 06:30 | コメント (0)

精路通過障害

男性不妊症の症状。

精路通過障害とは、精路に異常があるために精子が通れない状態を指します。主に精嚢部の狭窄・両側の精管欠損・鼠径へルニアの手術が原因と考えられます。

投稿者 ootani : 06:29 | コメント (0)

精路再建術

不妊治療の手術。

精路再建術とは、何らかの原因で遮断されてしまった精路を復活させるバイパス手術のことをいいます。パイプカット後の再生にも効果があるといわれ、造精機能に問題がなければ男性不妊症の症状改善が期待できます。

投稿者 ootani : 06:28 | コメント (0)

精路

精子の通る器官。

精路とは精巣上体・精管・射精管・精嚢からなる器官すべてを指します。精子の通り道にあたるため、ここに異常が発生すると、男性不妊症の原因になる無精子症になります。

投稿者 ootani : 06:27 | コメント (0)

生体組織検査

ガンなど腫瘍の組織検査。

生体組織検査とは、病巣の組織を直接採取し検査することをいいます。MRI・CTなどで腫瘍が発見されたとしても、どのようなタイプのものか画面からでは判別できないため、組織を直接調べる必要があります。

投稿者 ootani : 05:37 | コメント (0)

精巣精子吸引法(TESA)

体外受精の際に行われる精子の採取方法。

無精子症で精液のなかに精子を発見できない場合には、吸引針を使い精巣から精子を回収(採取)する方法がとられる場合もあります。こうして取り出した精子を顕微授精などの方法で受精させて不妊治療を行います。

投稿者 ootani : 05:36 | コメント (0)

精巣精子回収法(TESE)

体外受精の際に行われる精子の採取方法。

無精子症で精液のなかに精子を発見できない場合には、精巣の一部を採取し、組織のなかから精子を回収(採取)する方法がとられる場合もあります。TESA・VSAよりも精度が高い方法といわれています。

投稿者 ootani : 05:35 | コメント (0)

精巣上体炎

病気の名称。副睾丸炎。

精巣上体炎とは、細菌により精巣上体に炎症が起きる病気です。膀胱炎・尿道炎・前立腺炎と併発することが多くあります。性感染が主な感染原因とされますが、他の感染症から引き起こされる場合もあります。

投稿者 ootani : 05:31 | コメント (0)

精巣上体

男性生殖器の器官。副睾丸。

陰嚢の中にあり、精巣の上面と後面に接する管状の構造で精管につながっています。その長さは伸ばすと約7メートルもあります。精子は1〜3週間ほど精巣上体に留まり、ここで運動と受精の能力を得ます。

投稿者 ootani : 05:30 | コメント (0)

精巣腫瘍

病気の名称。精巣にできたガン。

精巣腫瘍は発症率が低く10万人に1〜2人といわれる珍しいガンです。他のガンに比べると進行が速く、転移しやすいため悪性腫瘍の疑いがある場合には、すぐに摘出手術をしなければなりません。

投稿者 ootani : 05:29 | コメント (0)

精巣

男性生殖器の器官。睾丸。

精巣は陰嚢の中にある卵形をした器官で、男性ホルモン・精子などが作られる重要な部分です。男性ホルモンはライディヒ細胞から、精子は精母細胞からできており、それぞれ独立した細胞です。

投稿者 ootani : 05:28 | コメント (0)

精子

男性の生殖細胞。

精子とは、男性の生殖細胞の一つです。大きさは0.06o、オタマジャクシのような形をしており、運動能力と遺伝情報を携えています。動物のみならず、イチョウなどの植物にも精子は存在します。

投稿者 ootani : 05:27 | コメント (0)

精索静脈瘤

男性不妊症の原因となる疾患。

製作静脈瘤とは、陰嚢内を通る精索静脈に血液が逆流し、うっ血を起こしている状態をいいます。一般男性の約10%にみられる症状ですが、男性不妊症では約20〜40%にも上ります。手術により精液の状態が改善されます。

投稿者 ootani : 05:26 | コメント (0)

精索

男性生殖器の器官。

精索とは、血管・神経・精管などを包む索状の部分を指します。精巣につながっており、精子を導く役割があります。精索静脈瘤は、ここがうっ血したもので男性不妊症の原因となります。

投稿者 ootani : 05:25 | コメント (0)

性行為

セックスなどのこと。

性行為とは、成人男女において正常な行為であり、特に定義付けをする必要もありません。ただし、感染症の原因になりますので、不特定多数との性交渉は気をつけるべきでしょう。

投稿者 ootani : 03:34 | コメント (0)

生検

生体組織検査。

生体組織検査とは、病巣の組織を直接採取し検査することをいいます。MRI・CTなどで腫瘍が発見されたとしても、どのようなタイプのものか画面からでは判別できないため、組織を実際に調べる必要があります。

投稿者 ootani : 03:33 | コメント (0)

精管精子吸引法(VSA)

体外受精の際に行われる精子の採取方法。

無精子症で精液のなかに精子を発見できない場合には、吸引針を使い精管から精子を回収(採取)することがあります。こうして取り出した精子を顕微授精などの方法で受精させて不妊治療を行います。

投稿者 ootani : 03:31 | コメント (0)

精管

男性生殖器の部位。

精管とは、精子の通る器官ですが、精子を溜めておくという役割もあります。ここに異常が発生すると、男性不妊症の原因となる無精子症になります。

投稿者 ootani : 03:30 | コメント (0)

生活習慣病

生活習慣から引き起こされる疾患の総称。

生活習慣病に含まれる疾患は、糖尿病・高血圧・心臓病・脳卒中・肥満があります。勃起障害・男性更年期障害などを引き起こす要因になるので、普段の生活スタイルを見直すことも大切です。

投稿者 ootani : 02:19 | コメント (0)

精液検査

不妊症の治療で行われる検査。

不妊症の原因が男性側にあると考えられるときに、精子の数・運動率などを調べる検査を行います。この検査で何らかの異常が見つかった場合、自然妊娠は困難になります。

投稿者 ootani : 02:18 | コメント (0)

精液

副性器の分泌液。

正常な男性の精液量は通常2ml以上あり、精子は1mlに2000万個以上存在しています。ただし、精液のほとんど99%は精漿と呼ばれるもので、精子はそのなかに1%しか含まれていません。

投稿者 ootani : 02:17 | コメント (0)

ストレス

精神的な圧迫感。

ストレスとは、日常生活における精神的圧迫感のことを指します。仕事・対人関係・家庭などがストレスになる場合が多くみられます。しかし、ある種の緊張感が良い結果を生む場合もあるので、マイナス要素ばかりではありません。

投稿者 ootani : 02:00 | コメント (0)

ステージ

ガンの進行度を表す言葉。病期分類。

ガンの進行状況がわからなければ、的確なガン治療を行うことはできません。 ABCD分類では、通常「ステージA」が早期ガン、「ステージD」が進行した転移ガンと分けられます。

投稿者 ootani : 01:59 | コメント (0)

スクリーニング検査

ガン検診で行う検査。

スクリーニング検査とは、ガンの症状がない段階で、ガンの可能性を調べる検査を指します。前立腺ガンの腫瘍マーカーを測定することなどが一般的に行われています。

投稿者 ootani : 01:57 | コメント (0)

睡眠障害

睡眠に関わる疾患の総称。

不眠・眠りが浅いなどの症状を一般的に睡眠障害と称します。自律神経のバランスが崩れた時に症状が起きやすく、同時に排尿障害・倦怠感なども感じる時には男性更年期障害の疑いがあります。

投稿者 ootani : 01:56 | コメント (0)

水腫

体液が溜まりはれている症状。

陰嚢水腫の場合、何らかの原因により体液が陰嚢の中に溜まって腫れてしまう症状です。精巣腫瘍とは違い、特に治療の必要はありませんが、水腫が大きい場合に手術をすることもあります。

投稿者 ootani : 01:55 | コメント (0)

心療内科

心身症の診察を行うところ。

身体に起こった疾患の原因に、心理的な部分が大きく関わっていると考えられる場合は心療内科で診察を受けます。勃起障害・男性更年期障害などの症状がこれにあたります。

投稿者 ootani : 01:54 | コメント (0)

真性包茎

包茎の症状。

真性包茎とは、包皮口がとても狭く亀頭を全く露出できない症状を指します。そのため包皮内には恥垢が溜まりやすく、感染症を引き起こす原因になります。また、陰茎の発達にも支障をきたします。

投稿者 ootani : 00:15 | コメント (0)

人工授精

不妊治療の方法。

精液を子宮腔内へ直接注入し受精させます。配偶者の精子を使うことを「AIH・配偶者間人工授精」、他人の精子を使うことを「AID・非配偶者間人工授精」といいます。

投稿者 ootani : 00:13 | コメント (0)

自律神経

神経の名称。

自立神経とは、本人の意思とは関係なく血管や内蔵を制御している神経のことをさします。視床下部でコントロールされていますが、不規則な生活習慣などで自律神経のバランスが乱れると排尿障害・勃起障害などが起こります。

投稿者 ootani : 00:11 | コメント (0)

消炎剤

細菌による炎症を抑える薬。

消炎剤とは、炎症による痛みなどを緩和するための薬品で、炎症の元になっている原因菌を死滅させるものではありません。前立腺炎の治療には「セルニルトン」という消炎剤が良く使用されます。

投稿者 ootani : 00:10 | コメント (0)

腫瘍マーカー

ガンの細胞やその反応によって作られる物質。

主なガンには、それぞれ特徴的な腫瘍マーカーが存在しているため、それを調べることでガンの種類・性質などを知ることができ、早期発見・転移の有無にも役立ちます。前立腺ガンは「PSA」、「PSP」という腫瘍マーカーを調べます。

投稿者 ootani : 00:09 | コメント (0)

腫瘍

細胞が何らかの原因で異常増殖した腫瘤。

腫瘍には、悪性腫瘍と良性腫瘍とあります。良性のものは他の臓器に転移することはなく、命に関わるものではありません。ガンは悪性の腫瘍で他の細胞などへ増殖を繰り返し、最後には命も奪ってしまいます。

投稿者 ootani : 00:08 | コメント (0)

射精障害

射精に関する疾患の総称。

射精障害とは、逆行性射精・膣内射精不能などの症状を指します。遅漏・早漏もこれに当てはまるかもしれません。日常生活に不自由はありませんが、男性不妊症の原因や、精神的なストレスになる場合があります。

投稿者 ootani : 00:07 | コメント (0)

射精

精液がペニスから放出されること。

射精とは、性的興奮が絶頂に達した時に亀頭などの刺激によって起きる現象です。精管・前立腺・陰嚢の平滑筋が収縮することで精液が後部尿道に分泌され、尿道の収縮などにより体外へ放出される仕組みです。

投稿者 ootani : 00:06 | コメント (0)

2005年09月28日

視床下部

体内部位の名称。

視床下部とは間脳の一部で約4グラムほどの組織です。自律神経の制御やホルモン濃度を監視する重要な器官ですので、ここのバランスが崩れてしまうと、さまざまな疾患の要因になってしまいます。

投稿者 ootani : 22:30 | コメント (0)

ジェネリック薬品

特許が切れた後に同成分で作られる廉価薬品。

ジェネリック薬品とは、先発品の特許が切れた後に別の会社から同成分で発売される値段の安い薬のことをいいます。バイアグラには多数のジェネリック薬品が発売されていますが、なかには全く成分の違うものも存在していますので注意が必要です。

投稿者 ootani : 22:28 | コメント (0)

死滅精子症

男性不妊症の診断時に使用される精子の状態。

精液中の精子が全て死んでいる(運動精子が存在しない)状態を死滅精子症と呼びます。顕微授精を行っても受精の確率は低く約10%です。ただし、丹念に探すことで運動精子を見つけられることも少なくありません。

投稿者 ootani : 22:27 | コメント (0)

シスプラチン

抗ガン剤。白金の化合物。

シスプラチンとは、プラチナの化合物で抗がん剤として広く使用されています。ガンの細胞に絡み付き増殖をさせないようにします。ただし、他の抗ガン剤同様に腎機能障害・吐き気・白血球減少などの副作用が出る恐れがあります。

投稿者 ootani : 22:25 | コメント (0)

CT

医療機器の名称。

CT(Computed Tomography)とは、コンピューター断層撮影法と呼ばれる画像診断に用いられる装置です。多方向からX腺を照射し、その吸収の度合いをコンピューター処理することで断層画像として表示します。

投稿者 ootani : 22:24 | コメント (0)

シアリス

ED・勃起障害の治療薬。

厚生労働省の認可はおりていませんが、海外では広く使用されている治療薬です。最大の特徴は即効性と最長36時間も効果が持続する点で、バイアグラを遥かに凌ぐ薬品といわれています。

投稿者 ootani : 11:23 | コメント (0)

残尿感

排尿障害の症状。

残尿感とは、排尿後に尿が残っているような感じがしてスッキリしない状態を指します。尿道の疾患や前立腺の肥大で起こることが多いので、排尿障害の徴候が出てきた時には、病院で診察を受けた方が良いかもしれません。

投稿者 ootani : 11:22 | コメント (0)

細胞

生物の最小の単位。
細胞とは生物の最小の単位です。いろいろな種類の細胞がありますが、その基本的な構造は同じです。通常は秩序を持って活動していますが、ガン細胞は正常な細胞が変化して無秩序に増殖します。

投稿者 ootani : 11:20 | コメント (0)

細菌

感染症の原因。

極めて微細な単細胞生物で、染色性からグラム陽性菌・グラム陰性菌に分けることができ、形状は球菌・桿菌・らせん状とさまざまです。前立腺炎・精巣上体炎などの感染症は細菌によるものです。

投稿者 ootani : 11:19 | コメント (0)

混合型勃起障害

ED・勃起障害の原因。

二つ以上の原因により勃起障害が起きている場合を混合型勃起障害と呼びます。例えば、仕事上のストレスとホルモンの低下などが考えられますし、何らかの疾患から勃起障害を引き起こされる状態も混合型にあたります。

投稿者 ootani : 11:18 | コメント (0)

5年生存率

ガン治療の予後予測。

ガンを手術した後に5年間の再発がなければ完治したとみなされる目安です。ただし個人に当てはめた確率ではなく、あくまでもガン患者の全体から割り出した見込み数値に過ぎません。

投稿者 ootani : 11:00 | コメント (0)

抗生物質

微生物から作られる化学薬品。

抗生物質とは、細菌を死滅させるために微生物から作られた薬品です。同じようなものに「抗菌剤」がありますが、現在では抗生物質も抗菌剤の一種と考えられ区別されることはあまりありません。

投稿者 ootani : 09:21 | コメント (0)

高血圧症

病気の名称。

高血圧症とは慢性的に血圧が高い症状を指し、血圧140/90mmHg以上は高血圧症の診断が下されます。機能性・器質性の面でも勃起障害の原因になり、その他さまざまな疾患を引き起こす確率が高くなります。

投稿者 ootani : 09:20 | コメント (0)

抗菌薬

細菌を攻撃し増殖を抑える薬。

抗菌薬とは、細菌を死滅させるために科学的に作られた薬品です。同じようなものに「抗生物質」がありますが、こちらは微生物から作られています。ただし、現在では同意語として使われています。

投稿者 ootani : 09:19 | コメント (0)

抗ガン剤

ガン治療に使用される化学薬品。

抗がん剤とは、ガン細胞の増殖を抑え死滅させる化学薬品です。ただし、正常な細胞まで破壊されてしまう欠点があり、吐き気・腎機能障害・白血球の減少・脱毛などの副作用が起こる可能性があります。

投稿者 ootani : 09:17 | コメント (0)

睾丸

男性生殖器の部位。精巣。

睾丸は陰嚢の中にある卵形をした器官で、男性ホルモン・精子などが作られる重要な部分です。男性ホルモンはライディヒ細胞から、精子は精母細胞からできており、それぞれ独立した細胞です。

投稿者 ootani : 09:16 | コメント (0)

抗鬱剤

鬱症状を改善させる薬品。

鬱症状は、セロトニンと呼ばれる脳の神経伝達物質が少なくなるため起こるといわれています。抗鬱剤を使用することでセロトニンが細胞に取り込まれるのを阻止して、その量を増加させることができます。ただし、性欲が減退するなどの副作用が起きることもあります。

投稿者 ootani : 09:14 | コメント (0)

顕微授精

体外受精の方法。

体内での受精が困難と思われる場合に行われる不妊治療の一つ。ICSI(顕微受精)と呼ばれ、マイクロピペットを使い、卵子に直接精子を注入し受精させます。通常の体外受精では妊娠できない、または精子の運動能力が弱いときなどにとられる方法です。

投稿者 ootani : 06:33 | コメント (0)

血尿

尿の中に血液が混じること。

血尿が出た時には、尿道・膀胱・前立腺などに何らかの異常が起きていると考えられますので、直ぐに検査を受ける方が良いでしょう。前立腺ガン・膀胱ガンの可能性もあります。

投稿者 ootani : 06:32 | コメント (0)

血栓

血液が固まりゲル状になる状態。

血栓とは、血液が血管の中で固まってしまうことをいいます。そうなると血流が悪くなり組織・臓器などに問題が発生します。勃起性持続障害の場合、そのまま放置しておくと海綿体が繊維化してしまい二度と勃起しなくなります。

投稿者 ootani : 06:31 | コメント (0)

血精液症

病気の名称。

血精液症とは精液の中に血液が混じる状態を指します。ただし、成人男性には珍しい症状ではありません。尿道などの炎症が原因と考えられています。症状が長引く場合には精密検査を受けた方が良いでしょう。

投稿者 ootani : 06:29 | コメント (0)

結核菌

結核の原因菌。

結核菌は非常に小さな棒状の菌で、いくつも連なり房になっているのが特徴です。紫外線に弱いため感染の防止に利用されることがあります。通常は肺のみに発症しますが、ほかの臓器・骨などにも感染する場合があります。

投稿者 ootani : 06:29 | コメント (0)

径直腸的超音波検査

前立腺ガンの検査。

前立腺の状態を観察する時などに使われる超音波検査です。プローブと呼ばれる棒状の超音波発信器を肛門から直腸へ挿入し、前立腺を画面に映し出します。ガンが発症している場合には黒っぽい影が表示されます。

投稿者 ootani : 05:50 | コメント (0)

グリーソン・スコア

前立腺ガンの悪性度を分類する方法。

アメリカのグリーソン博士が唱えた前立腺ガンのための組織分類方法です。生体組織検査で採取したガン組織を分類表に当てはめて9段階に評価します。治療方法の選択をする際に良く利用されます。

投稿者 ootani : 05:49 | コメント (0)

クランプ式

包茎治療の際に行われる手術方式。

クランプと呼ばれる器具を使用し包茎の手術を行います。比較的簡単といわれている方法ですが、器具のサイズが限定されているため適合しない場合もあるようです。最近では、やや旧式の治療方法になります。

投稿者 ootani : 05:33 | コメント (0)

クラリス

抗生物質の名称。

マクロライド系と呼ばれる抗生物質で、細菌の成長を抑える働きがあります。細菌・ウィルス・マイコプラズマなどの感染症に効果を発揮しますが、併用する薬によっては副作用が出やすいので注意が必要です。

投稿者 ootani : 05:32 | コメント (0)

クラミジア

性感染症の原因菌。

クラミジアはウィルスよりも少し大きい細菌で、大部分が性行為で感染します。1〜2週間の潜伏期間後に尿道炎などの感染症を引き起こし、治療を怠ると前立腺炎にも進行する可能性があります。

投稿者 ootani : 05:30 | コメント (0)

クラビット

抗菌剤の名称。

ニューキノロン系と呼ばれる抗菌剤で、細菌・ウィルス・カビなど様々な微生物に殺菌効果があります。一般の感染症に広く使用でき、二次感染などの予防のためにも使われることがあります。

投稿者 ootani : 05:30 | コメント (0)

去勢

精巣腫瘍の治療方法。

男性ホルモンによるガン細胞の増殖を抑えるために睾丸を摘出することを指します。ただし、最近は精巣摘出と同等の効果がある薬品が開発されていることから、あまり行われなくなった治療方法です。

投稿者 ootani : 05:02 | コメント (0)

逆行性射精

病気の名称。射精障害。

射精の時に精液が放出できず膀胱へ流れてしまう症状です。その原因として、糖尿病・脊髄の損傷、前立腺・尿道などに行った手術の影響が考えられます。特に治療の必要はありませんが不妊症の要因になります。

投稿者 ootani : 05:01 | コメント (0)

亀頭包皮炎

病気の名称。

包皮内の雑菌などが原因で亀頭・包皮に炎症が起きる病気です。包茎の場合、尿や恥垢が溜まりやすく感染しやすい状態になっていることが多いので、包皮の中は清潔に保つようにしましょう。

投稿者 ootani : 05:00 | コメント (0)

亀頭直下式

包茎治療の際に行われる手術方式。

亀頭の直ぐ下の余分な皮を切除する包茎手術の方法です。現在もっとも一般的に行われている術式で、傷跡が亀頭の影になり目立たないといわれています。

投稿者 ootani : 04:59 | コメント (0)

亀頭

男性生殖器の部位。カリ。

陰茎の末端部分にあり、先端には尿と精液を放出する外尿道口があります。包茎の場合は包皮によって亀頭が隠れているので、恥垢が溜まりやすく悪臭や炎症の原因になります。

投稿者 ootani : 04:57 | コメント (0)

器質性勃起障害

ED・勃起障害の原因。

身体的なことが原因で起きる勃起障害を器質性勃起障害と呼びます。主にペニスを支配する神経・血管・組織の異常、男性ホルモンの低下などによって引き起こされます。

投稿者 ootani : 04:56 | コメント (0)

下垂体疾患

ホルモンの分泌異常が起こる疾患。

下垂体に障害が起こるとホルモンの分泌に影響が出てしまうため、さまざまな疾患の原因になります。男性不妊症、勃起障害などにも大きく関わってきます。

投稿者 ootani : 04:22 | コメント (0)

奇形精子症

男性不妊症の診断時に使用される精子の状態。

一般男性の精液中にも約30%の奇形が存在するといわれているが、精子全体の70%以上が奇形の場合この診断が下されます。この状態での自然妊娠は困難なため顕微授精などの方法をとることが多くなります。

投稿者 ootani : 04:15 | コメント (0)

ガン

病気の名称。悪性腫瘍。

体の中の正常な細胞が、何らかの原因で異常をきたし無秩序に増殖する病気です。その最大の特徴は、ガンがまわりの細胞に入り込み組織を破壊したり、血管・リンパ管を通りほかの場所に転移する性質があることです。そのため治療には早期発見が望まれます。

投稿者 ootani : 04:13 | コメント (0)

漢方薬

漢方学の薬。

東洋医学で使われる薬で原材料は植物・動物・鉱物からできています。自然のもので作られているため副作用も少なく、長期的に服用が可能です。慢性的な症状に効果が期待できます。

投稿者 ootani : 04:12 | コメント (0)

カントン包茎

包茎の症状。

包皮口が狭いために無理に剥くと陰茎が痛み大きく腫れあがる症状を指します。剥いだ包皮が元に戻らなくなると、血液の流れが止まり壊死をを起こす可能性もあり大変危険です。早急に治療を行う方が良いでしょう。

投稿者 ootani : 04:11 | コメント (0)

カリ

男性生殖器の部位。亀頭。

陰茎の末端部分にあり、先端には尿と精液を放出する外尿道口があります。包茎の場合は包皮によって亀頭が隠れているので、恥垢が溜まりやすく悪臭や炎症の原因になります。

投稿者 ootani : 04:10 | コメント (0)

カテーテル

医療器具の名称。

カテーテルとは、体液の排出・薬剤の注入などに使われるプラスティック製のチューブのことを指します。排尿障害で尿閉の症状が起きた時には、尿毒症を防ぐために尿道カテーテルをして体外に尿を排出します。

投稿者 ootani : 03:47 | コメント (0)

仮性包茎

包茎の症状。

包茎の中ではもっとも多い症状です。通常時は亀頭が皮を被っていますが、勃起した時には手で簡単に露出することができる状態を指します。絶対的に治療が必要な状況ではありませんが、早漏などの原因になる場合があります。

投稿者 ootani : 03:40 | コメント (0)

郭清

ガンの治療方法。

ガンの転移が予想される、またはガンが転移したリンパ節を全て取ってしまうことを「郭清」といいます。ガン細胞はリンパ管を通って転移することが多いため、再発を防ぐためなど予防的に行われる補助手術です。正式には「リンパ節郭清術」と呼ばれます。

投稿者 ootani : 03:26 | コメント (0)

化学療法

ガンの治療方法。

抗がん剤(化学物質)を使用してガン細胞の増殖を抑え、死滅させる方法です。抗ガン剤が血液中をめぐってガン細胞を攻撃するため、ガンが体の中に拡散してしまった場合などに効果的です。ただし、正常な細胞まで破壊されてしまうので副作用の心配があります。

投稿者 ootani : 03:25 | コメント (0)

海綿体

陰茎を構成する組織。

陰茎の中間部、陰茎体はペニスを勃起させるための海綿体と呼ばれる組織でつくられています。性的な刺激を受けると血管から海綿体へ血液が流れ出し膨張することにより陰茎が勃起します。

投稿者 ootani : 03:24 | コメント (0)

温熱療法

ガンの治療方法。

細胞が高熱で死滅することを利用してガンの治療を行う方法です。温熱療法には「全身温熱療法」、「局所温熱療法」とあり、前者は循環装置を使い血液を加熱、後者はマイクロ波などで患部を温めます。

投稿者 ootani : 03:23 | コメント (0)

悪寒

風邪などの症状。

ウィルスや細菌に感染すると、体を守ろうとする生体保護反応が働き発熱が起こります。この熱を体が逃がさないよう防いでいる時に寒気を感じます。また、このときに起こる筋肉の震えによっても熱を作り出そうとしています。

投稿者 ootani : 03:21 | コメント (0)

オーキドメーター

精巣の容量を量る器具。

男性不妊症の診察の際などに使用される、精巣の容量を調べるスケールです。正常な成人男性の精巣容量は20〜25mlありますが、10ml以下の場合は、精子を造る機能が損なわれている可能性があります。

投稿者 ootani : 03:20 | コメント (0)

MRI

医療機器の名称。

MRI(Magnetic Resonance Imaging)とは磁気共鳴画像法と呼ばれる画像診断に用いられる装置です。強力な磁場の中で電波をあてることにより、体内の水素原子からの電波を捉えて映像化します。

投稿者 ootani : 03:19 | コメント (0)

ABCD分類

ガンの病期を分類する方法。

悪性腫瘍の組織検査などからガンの進行度を分類するための方法です。通常「ステージA」が早期ガン、「ステージD」が進行した転移ガンと分けられ、診断後の治療方針に大きく関わってきます。

投稿者 ootani : 03:18 | コメント (0)

会陰

体の部位

肛門と陰嚢の間の箇所を会陰(perineum)と呼びます。前立腺の疾患の時には会陰付近に疼痛が起きる場合があります。また、前立腺ガンの生体組織検査には会陰から針を刺し組織を採取する方法もあります。

投稿者 ootani : 03:17 | コメント (0)

ED

性機能障害。勃起障害。

EDとは「勃起機能の低下」を意味する英語「Erectile Dysfunction」を略したものです。心理的・身体的理由などから勃起しない・勃起持続力がない状態を指します。バイアグラなどの登場で治療効果があがっています。

投稿者 ootani : 03:14 | コメント (0)

インポテンツ

性的不能。性機能障害。勃起障害。

一般的には、ED・勃起障害と同じ意味合いで使われることが多くみられますが、本来は「性的不能」という意味で勃起障害とは異なるため海外では使用を控えるようになっています。

投稿者 ootani : 03:13 | コメント (0)

インポテンス

性的不能。インポテンツと同意。

一般的には、ED・勃起障害と同じ意味合いで使われることが多くみられますが、本来は「性的不能」という意味で勃起障害とは異なるため海外では使用を控えるようになっています。

投稿者 ootani : 03:07 | コメント (0)

陰嚢

男性生殖器の部位。

陰嚢は精巣(睾丸)・精巣上体・精管が収まっている袋状の部分で、精巣などを支え保護しています。精子を正常に造りだすために体温よりも精巣の温度を低く保つ、車のラジエターのような機能があります。

投稿者 ootani : 03:05 | コメント (0)

陰茎

男性生殖器の部位。ペニス、おちんちん。

陰茎は陰茎根・陰茎体・亀頭と3つの構成からできています。陰茎体は、海綿体と呼ばれる組織でつくられており、性的刺激により血液が流れ込むことで海綿体が膨張し勃起状態になります。

投稿者 ootani : 03:04 | コメント (0)