2005年09月25日

血精液症の治療

血精液症は、特に治療を行う必要がなく、数週間で自然に治ります。ただし症状が長く治まらない場合には精密検査の必要が出てきます。前立腺ガンなど重大な疾患によって引き起こされる場合もあるので、精液に血が混入していた場合には、すぐに診察を受けた方が良いでしょう。

投稿者 ootani : 02:28 | コメント (0)

血精液症

血精液症とは、精液のなかに血が混じった状態を指します。
成人の男性にはそれほど珍しくない症状で、40歳前後に多くみられます。発症の原因は良くわかっていませんが、前立腺・尿道などが炎症が出血の要因だと考えられています。

投稿者 ootani : 02:28 | コメント (0)

陰嚢水腫の診断・治療

陰嚢水腫になると、精巣の周りが痛みを伴わずに腫れてきます。精巣腫瘍などと識別するために陰嚢を光にあて透光性を確認しますが、水腫の原因が特定できない時には、超音波検査を行うこともあります。なお、特別な治療は必要ではなく、腫れが大きい場合に限り手術で除きます。

投稿者 ootani : 01:47 | コメント (0)

陰嚢水腫

陰嚢水腫とは、陰嚢のなかに体液などが溜まって腫れる症状です。
先天性・後天性がありますが、一般的には40歳を過ぎての発症が多くなります。水腫になる原因はわかっていませんが、精巣上体炎・精巣ガン・陰嚢の怪我などが要因となることがあります。

投稿者 ootani : 01:47 | コメント (0)

ペイロニー病の治療

炎症を抑えるためにステロイド・漢方薬などを長期に服用します。また、硬くなった組織をステロイド注射によって柔らかくしますが、効果がでない場合は手術によって硬くなった部分を切除します。ただし、手術の副作用でインポテンツになる可能性もあるので注意が必要です。
なお、変形の程度が性交など性機能に影響がなければ、特に治療の必要はありません。

投稿者 ootani : 01:25 | コメント (0)

ペイロニー病

ペイロニー病とは、陰茎の白膜と呼ばれる組織が硬くなり、勃起時に陰茎が湾曲してしまう病気です。ペニスが変形してしまうために性交が困難、またはできなくなってしまいます。発症の原因は良くわかりませんが、陰茎の炎症によるものと考えられています。日本語では形成性陰茎硬化症と呼ばれます。

投稿者 ootani : 01:24 | コメント (0)

持続性勃起障害の治療

勃起の時間が短い場合は、前立腺マッサージ・鎮痛剤・血液凝固防止薬を用います。また、海綿体に溜まった血液を注射器で吸引し、血の固まりなど取り除きます。外科的治療では、陰茎の血管と太腿の静脈をつなぎ血流をつくる方法、陰茎海綿体と尿道海綿体が通じるような方法がとられます。

投稿者 ootani : 01:23 | コメント (0)

持続性勃起障害の原因

勃起状態が持続してしまう原因は不明ですが、次のようなことが考えられます。

・尿道、前立腺などの炎症。
・陰茎ガン、直腸ガンなどの転移。
・白血病、血友病など血液の障害。
・神経系の障害。

投稿者 ootani : 01:22 | コメント (0)

持続性勃起障害の症状

通常の勃起とは異なり、以下のような特徴があります。

・性的興奮時とは関係なく勃起する。
・勃起をした時に痛みを伴う。
・勃起が長時間続く。
・勃起状態でも亀頭は硬くならない。
・射精をした後も勃起が解消されない。

投稿者 ootani : 01:21 | コメント (0)

持続性勃起障害

持続性勃起障害とは、陰茎海綿体から静脈への血流に問題が生じ、海綿体の中に血液が閉じ込められるため、勃起が続いてしまいまう病気です。そのまま放っておくと陰茎の中の血液が凝固し、組織が繊維化を起こします。そうなると、二度と勃起しない「インポテンツ」になってしまいます。

投稿者 ootani : 01:20 | コメント (0)