2005年09月18日

科学療法について

化学療法とは、抗がん剤を使用してガンの細胞を殺す治療方法です。ガンが進み、他の治療では効果があがらない時に使われる場合があります。抗がん剤を投与することでガン細胞が小さくなる場合もありますが、吐き気・脱毛などの副作用が強くでることもあります。

投稿者 ootani : 02:35 | コメント (0)

ホルモン耐性前立腺ガンの治療

早期の場合、細胞がホルモン耐性になる前に手術で切除します。単独での内分泌治療で効果が得られない場合には、抗がん剤と女性ホルモン剤が化合した「エストラサイト」という薬品を使用することがありますが、抗がん剤も有効な治療方法ではありません。

投稿者 ootani : 02:34 | コメント (0)

ホルモン耐性前立腺ガン

ホルモン耐性前立腺ガンとは、腫瘍が非常に悪性で、通常の前立腺ガンの治療では効果を発揮する内分泌治療が、ほとんど効かない「ホルモン耐性」になってしまったガンのことを指します。中には腫瘍マーカーのPSA値も低いものがあり、転移の状況など定期的に確認する必要があります。

投稿者 ootani : 02:33 | コメント (0)